赤礁崎オートキャンプ場にてケビン泊/若狭小浜お魚センターのとれたて市場で購入した新鮮食材でバーベキュー

9月・10月は少し肌寒くなってきますが、まだまだキャンプシーズン。朝晩は冷えますが、昼間は過ごしやすい。

ログハウス・ケビン・コテージであれば、季節を問わず、アウトドアが楽しめる。

今回は、福井県おおい町にある『赤礁崎オートキャンプ場』に行ってきた体験レポートを写真26枚とともにお届けします。

『赤礁崎オートキャンプ場』に行くことにしたきっかけ

京都から混雑を回避できてアクセスが良い福井県。

福井県のキャンプ場では、雑誌やネットで一番有名と思われるのが、ココ『赤礁崎オートキャンプ場』。

近所の家族からも過ごしやすいと評判で口コミ評価の高いキャンプ場だったので行ってみました。

『若狭小浜お魚センター とれたて市場』で海産物のお買い物

市場駐車場

毎度、福井県でキャンプをするときに利用している小浜市『とれたて市場』。

魚・カキ

新鮮なお魚たちが並んでいます。

干物

生魚や貝類だけでなく、魚の干物もあり、焼いて食べるとおいしい。

新鮮な魚・イカ

牡蠣

おおきなカキが1個300円〜、約11店舗のお店が並び、お店によって売っている海産物が異なり、値段も違う

一本の通り沿いの左右に並ぶ小さな市場なので、買い物しやすいですよ。

海鮮丼を味わえるお店もあり、購入した海産物をすぐに食べられる七輪焼き広場もあるので、小浜に立ち寄って新鮮な魚介類を味わいたいならコチラがオススメですね。

『若狭フィッシャーマンズ・ワーフ』でお寿司ランチ

海を眺める

福井県若狭の観光名所、道の駅のような施設で、食事ができ、お土産が購入できるスポット。

とれたて市場の向かい側にあるので、車を停めて、徒歩で両方とも行けます。

遊覧船巡りもでき、田舎の海が広がる。

お寿司ランチ

焼き鯖寿司

ランチに寿司盛り合わせと焼き鯖寿司をいただく。

味噌汁

エビの入った味噌汁はセルフサービスで。好きなお寿司をお土産にもできるし、その場で食べることもできます。

さっと昼食を済ませたい、ゆっくりご飯を食べたい、お土産を買いたい、そんな要望を叶えてくれる大規模施設。

近くに海水浴場、お風呂、こだま食堂などがあり、夏の海水浴にも便利な場所です。

『赤礁崎オートキャンプ場』施設案内

ケビン

買い物を済ませたら、おおい町にある赤礁崎オートキャンプ場へ。

赤礁崎の読み方は、『あかぐりざき』。難しい漢字ですね。

近くのスーパーは少し離れているので、しっかりと買い物を済ませてから行くのが吉。

管理棟

なかなか大きな管理棟。売店があり、レンタルもできる。買い忘れたものがあっても大丈夫、手ぶらでもレンタルでアウトドアができる。なんでも揃ってます!

サザエサービス

この日は、来場者へサザエの壺焼きサービス。炭火で焼かれたサザエをおいしくいただきました。

海

海を眺める

海が近くて景色がいいのがウリ。キャンプ場内の海へ行き、足をつけて水遊び。

広場

ケビンで宿泊 車乗入れ可能!電源・エアコン・寝具付きで快適

ケビン

この日はテントではなく、ケビンで宿泊。横に車をつけて荷物を降ろす。

ケビン横のスペース

ケビンの間にはバーベキュースペース。隣のケビンの人は、大きなゴールデンレトリバーを連れて来ていました。

ペット可のキャンプ場ですね。敷地内は広く、犬との散歩は楽しそう。

タープ

タープや椅子をセッティング。ケビンから海側に見えるのがテントスペース。

夕食 バーベキュー サザエ・カキ・イカなど海鮮たっぷり

肉・海鮮食材

バーベキュー用の肉、にんにくに加えて、とれたて市場で買ってきたサザエ・カキ・エビ・魚の干物。

バーベキュー

バーベキューコンロを持っていなくても、この通り、U字溝が備え付けられているので手ぶらでも大丈夫。

カキ

カキやサザエを食べて、北陸の海鮮を味わいました。いつもの肉メインのバーベキューだけでなく、福井でのキャンプは海鮮もおいしいので、バーベキューが一層おいしくなります。

翌日 あかぐり苑地公園で遊ぶ

朝日

キャンプに来たときは、恒例の朝の散歩。海・山・朝日、すがすがしい朝となりました。

公園入口

赤礁崎オートキャンプ場の横にある公園。敷地を一旦でたところにあるので、公園だけ訪れることも可。駐車場が広い。

入場口

清掃料として入園料100円、ゲートをくぐる。

遊具

子どもたちが楽しめるふわふわドームと遊具。

やぐら型展望台

大きなイベント広場があり、やぐら型展望台に登れば良い景色を眺めることができます。

海

海と山が広がる自然いっぱいの景色を眺めて、ゆっくりと過ごせました。

坂井

綺麗に区画整理された施設内で管理棟も充実。綺麗なキャンプ場に行って、気軽にアウトドアを楽しみたい家族にはぴったり。

 

もっと自然に近いキャンプが好きな人には、設備が整いすぎている感もあり。

 

管理棟にあるトイレが広くて最新の便座が設置してあり、これまで行ったキャンプ場の中で一番トイレが綺麗ですごい!と思いました。

 

施設内にお風呂はないので、お風呂に入りたい人は、車で数十分の『あみーシャン大飯』などの温泉施設にどうぞ。

 

海・山・広場があり、散歩道を楽しめて、公園もあるので、特に子連れにはオススメのキャンプ場ですね。

『赤礁崎オートキャンプ場』おすすめポイント

  • 小浜のとれたて市場で新鮮食材を買って、充実施設でバーベキューができる
  • 手ぶらでレンタル・売店で購入も可能、テント泊だけでなく、ログハウスやケビンで快適にアウトドアができる
  • 海水浴場があり、海で遊べて、朝日など景色が綺麗、自然を満喫できる
  • 釣り好きにはたまらない、釣りも楽しめる
  • なんと!一部で無線LANが使用できる
  • 関西からは混雑せずに3時間前後で行けるので、アクセス良好

この記事を書いた人

坂井 和広

石川県金沢市出身、京都在住のWEBディレクター&マーケター。
Webサイト制作、集客・売上アップの実績をまとめたノウハウ本、著書『Webサイトのつくり方・運営のしかた 売上・集客が1.5倍UPする プロの技101』をソーテック社より出版。

最新情報をTwitterで配信しています。よろしければ、フォローしてください(^^)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ネット集客・売上アップに困ったら

書籍 『小さな会社のWeb担当者・ネットショップ運営者のための Webサイトのつくり方・運営のしかた 売上・集客が1.5倍UPする プロの技101』を読んで実践すれば、結果が出ます!オンラインサロンへ参加いただくと、オンラインサポートも!